ZOOM(ズーム)に必要な簡単機材 テレワーク インターネット授業など

ZOOMに必要な機材

ZOOM(ズーム)は、テレビ会議のシステム(双方向通信)で、テレワークや学校のインターネット授業などにも対応しており、スカイプなどより通信容量が小さく(速い)のが特徴です。
基本的に無料で利用できる「ZOOM」(ズーム)を利用して、テレワークなどのテレビ会議を行うために、必要な簡単機材をご紹介いたします。

ZOOMに必要な機材

ZOOMは、お互いの通信を中継してくれるシステムです。
そのZOOMに繋げる方法はいくつかありますが、大原則として「インターネット通信」ができる機材が必要です。

要するに、Wi-Fiでも、有線LANでも、スマホの4G通信でも5G通信でも、なんでも良いのですが、インターネットに繋がっている機材が必要です。
その機材としては、スマートフォン・タブレット、パソコン(ノートパソコン、デスクトップなど)、普段お使いのがあれば、そのまま基本的に使えます。



スポンサーリンク


ただし、デスクトップパソコンや、一部のノートパソコンには「カメラ」がありません。
他の配信者の映像を見れても、カメラが無いと、自分を写すことができませんので、自分の顔を他の人に見てもらうことができません。
その場合、パソコンにUSBなどで繋ぐ「カメラ」が必要です。

なお「音声」で会話もする必要がある場合には、マイクもないと、相手に伝わりません。
よって、WRBカメラにマイクが内蔵されているような、テレワーク用のカメラが良いでしょう。


WEB カメラ

このように、カメラ機能を追加したパソコンなどで双方向やり取りが可能です。
ノートパソコンには、最初からカメラがついている場合がありますので、その時は、追加でカメラやマイクまで購入する必要はないでしょう。

また、スマートフォン、タブレットに関しても、ほとんどの機種にて内蔵カメラがあり、また、電話で会話する必要性が最初からあるので、マイクも搭載されいます。
よって、スマホ・タブレットの場合、そのままテレワーク用(ZOOM)の機材として、使用できる場合が多いです。

ZOOMに繋げる方法

ZOOMの中で、配信することを「ミーティング」と呼びますが、ミーティングの設定は、ホスト側(主催者)が準備してくれます。
このように、テレビ会議(双方向ビデオ通信)参加の意味が、ZOOMでは「ミーティング」と表現されているため、下記の説明において、意味を混同しないよう、オンラインからの参加のことを「ミーティング」としてご説明申し上げます。

ご自宅・ホテル客室などに居ながら、スマホ・パソコン・タブレットなどより、お気軽にご参加頂けます。
まずは、当日、視聴・発言する機材・装置に、ZOOMのソフトやアプリをお使いのパソコンやスマホにインストールして、事前に一度設定しておく必要があります。
下記に利用方法を明記致しておりますので、ご確認の上、当日までに準備を進めておきますと、スムーズにご参加頂けると存じます。

参加者様側でのZOOM使用料は無料です。



スポンサーリンク


オンライン・ミーティング(ビデオ会議参加)への参加方法は比較的簡単で、難しいことはありません。

利用する側の生徒さんや社員の場合には、そのミーティングIDがある、URLにアクセスすることで、利用が可能です。
普段使っている「ブラウザ」からアクセスできますので、特別、ソフトなどが必要な訳ではなく、インターネット回線があれば、接続できます。
※インターネットの通信料は、携帯電話会社や、光ケーブルなどの毎月の通信料金の中での負担が必要ですが、それ以外に必要な費用はありません。

ZOOMの通信はスカイプの1/10とかなり軽量ですが、それでも、動画通信で通信量が多いため、通信量が高くならない方法(Wi-Fi環境・有線LANなど)でのアクセスを強く推奨いたします。
※通信量(データ容量)を使った分だけ料金がかかるような、モパイル通信で接続した場合、通信料のご負担が大きくなる場合があります。

推定で1時間0.1GB~0.3GB程度の通信量になるようです。

スマートフォンから参加する方法

スマホを使用して参加する場合には、原則として、追加で必要な機材はありません。
タブレットも同様に、マイク・スピーカー・内側カメラが内蔵されていれば、基本的に追加機材は不要です。
スマートフォンから参加する場合、スマホを手に持っていると腕が筋肉痛になりますし、カメラがブレて他の皆様に良い印象が残らない可能性があります。
ミニ三脚など、何かに固定した状態でミーティングに参加されることをお勧め申し上げます。
なお、マイクの位置が顔から遠すぎないよう、ご配慮賜りますと幸いです。
マイクが遠いと、あなたの発言を他の人が聞き取りにくくなります。

スマホからご参加頂く場合には、下記のアプリを事前にインストールすると、より快適にZOOMを利用可能です。(Android、iOS、iPhone共通)

ZOOM Cloud Meetings

※blackberry ZOOMアプリもあるようです
初めて使用する場合、端末からカメラとマイクの接続許可が求められますので、それぞれを許可してください。

当日でなくても、ZOOMの起動や接続は事前に試せますので、アングルなど、一度確認されることをお勧め申し上げます。

なお、バッテリー(電源)をかなり消費します。
1時間で20%~40%程度使う恐れがあります。
前もって、充電もしっかり行っておきましょう。

タブレットから参加する場合

ipad、Android、Amazonfireなどのタブレットからでもご参加頂けます。
下記のアプリをインストール願います。

ZOOM Cloud Meetings

※一部、インカメラ(自分向きのカメラ)が内蔵されていないタブレットではご参加頂けません。
手順は、上記のスマホ参加と同様になります。



スポンサーリンク


パソコンから参加する場合

前述したとおり、パソコンにマイク機能・カメラ機能・スピーカー機能がない場合には、別途、取り揃えて頂く必要があります。
一度、Zoomミーティング参加用のURLをクリックすると、必要なソフト(無料)のインストール説明が出ますので、指示に従って事前に入れて置いてください。
参加当日も、同じURLにてご参加となります。

スマホでもパソコンでも、スピーカーはヘッドホン(イヤホン)にすれば、ご家族などへも配慮される形をとれるかと存じます。

接続できると、初回のみ、ミーティングで使用する名前の入力が要求されます。
他の参加者様に誰かわかる・理解できるお名前設定をお願いできますと幸いです。

Amazon Echo

アレクサで知られる、Amazon Echo のカメラ・モニター付き機種でも、ZOOMアプリを入れることで利用できるようです。

アプリは、Zoom for Alexaです。
AWSのAlexa for Businessより端末登録が可能です。

※設定や操作は当方ではサポート外ですので、ご容赦願います。



スポンサーリンク


マイクは近くに

発言される場合には、できる限り口元からマイクが近い状態で話すと良いでする
マイクが遠い場合、集音が十分ではなく、自分は普通に話している状態でも、他の参加者には声が小さく聞こえてしまい、伝わらない可能性が出てしまいます。
※自動で音量が調整される機能があるマイクをお使いの場合にはご心配ありません。

逆に、他の人の話し声が聞き切りにくい場合には、スピーカーの音量を上げるなどのご対応をすると良いでしょう。

ZOOMに無料会員登録した場合には、ZOOMの機能によって、背景画の設定も可能ですので、部屋の後ろを気にしなくても大丈夫になります。
カメラ(スマホ・タブレットなど)を設置した際の、自分のうしろ(部屋が散らかっているなど)を気にする場合には有効です。
ZOOMには、背景をポスター画や、自分のお気に入りの写真などにして、自分(人間)の輪郭だけ映像として表示できる機能もありますので、お試しください。

ZOOM参加方法

ホスト側(主催者)からもらった指定されているURLに、時間になったらアクセスします。
ZOOMアプリ(zoomソフト)から先に開いた場合には、直接ミーティングID(数字)を入力するばOKです。

接続できると、初回のみ、ミーティングで使用する名前の入力が要求されます。
他の参加者様に誰かわかる・理解できるお名前設定をすると良いです。

私自身、そうなのですが、家族や子供がおりますと、自宅では、落ち着いて、テレビ会議に参加するのが困難です。
ミーティング中に、ピンポンと、宅急便の配達が来ることもあるでしょう。
どうしても、邪魔が入ったときには、ZOOM画面の音声を「ミュート」にしますと、ミュート中は、自分のほうから音が配信されなくなります。
発言の時だけ、ミュートを解除すると言う方法も可能です。(ミュートを解除しないと、話しても伝わりませんので、ご注意願います。)

スピーカーからの音も「イヤホン」をすれば、自分の周りに音が漏れにくくなります。
例えば、マイク付きのヘッドフォンなどがお勧めです。
Bluetooth・有線とありますので、選択時には注意が必要ですが・・。
また、ご予算があれば、ノイズキャンセラー付がお勧めです。


Bluetooth ヘッドセット イヤホン 耳掛け型 マイク内蔵 片耳 ノイズキャンセラー付

不可抗力

なお、ホスト側の機器が故障したり、不慣れだったりすると、時間通りに始まらない可能性もあります。
ホスト側の通信環境によっても、安定しない場合があります。
状況によっては、映像などが途切れたり、見れなくなったりする場合も考えれますが、その時は、そのままばらく待ってみましょう。

ご不明な操作などがありましたら、ZOOMのヘルプセンターなどにてご確認賜りますと幸いです。
https://support.zoom.us/hc/ja



スポンサーリンク


最大同時1000名に双方向通信可能なZOOM

ZOOMの機能はシンプルで、なおかつ個人でも法人でも学校でも、誰でも利用可能です。
無料プランは、最大100名までのミーティングが1回40分間まで可能ですが、1対1は無制限で可能です。
配信内容を録画することもできますので、リアルタイムで参加できなかった人に、あとで見たもらったりすることもできます。
有料プランは月額2000円からで、有料にすると、100名が時間制限なくなります。
月2700円のプランの場合には、最大300名まで、同時にアクセスできます。
それ以上のプランはカスタマイズで、最大1000名までの同時通信に対応しています。

このように、ZOOMは、外出を自粛する際の、テレワークとしても大変有効です。

ZOOMなどテレビ会議「テクニック集」
Amazonの置き配説明
マスク転売規制の概要 購入価格よりも高く売ると法律違反 適正に買う方法
日本政府の休業補償【新型コロナウイルス】より公平になる方法

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る