らくらくフォンから電話帳をiPhoneに移す一番簡単な方法【実録】

らくらくフォンから電話帳をiPhoneに移す一番簡単な方法【実録】

富士通の「らくらくフォン」Android機から、機種変更などした、新端末iPhoneへ電話帳データを移す方法です。
iPhoneは、iOS機でして、アンドロイドのらくらくフォンから、電話帳などのデータを移す方法が、うまく行きませんでした。
結果的に、googleアカウントを使って、スムーズに電話帳データを転送することができましたので、その時の方法を明記しておきます。

Move to iOS

通常、Android機から、iPhoneへ、電話帳などのデータを移す場合には、下記の方法を取ればOKです。

(1)元のアンドロイド機に「Move to iOS」と言うアプリをインストールして、起動させる。
(2)新iPhoneと、古いAndroid機を、同じwi-fi環境に接続する。
(3)新iPhoneの初期設定にて、進んでいくき「Appとデータo iOS」とを、並行して操作していき、PINコード(数字)を打つ込むと、お互いの機種を認識して、データが同期(転送)されます。

しかし、その手順で行っても、どうしても、通信の段階で、端末同士が認識せず、何回も、エラーとなってしまったため、急きょ、別の方法で、電話帳を移行させました。



スポンサーリンク


なお、らくらくフォンは、高齢者向けの端末のため、本人の了解も得て、写真などのデータを移すことまではせずに、電話帳だけ移すと言う説明になりますので、ご確認申し上げます。

Googleアカウントを使って電話帳を移す

今回は、らくらくフォンから電話帳を転送しましたが、この方法は、Android機から、Android機に対してでも、当然、対応できるマルチな方法ですので、お互いの機種は、なんでも共通する方法です。

古いほうのスマホにて「設定」から「アカウント」に入って、Googleを選択します。
そして、電話帳などの「同期」を、ON状態にしましょう。

ただし、そもそも、スマホをずっとお使いにになられていた段階で、ドコモのSIMで電話帳を使用していた場合など、Googleアカウントに、らくらくフォンの電話帳が、まだ、インポートされていない場合があります。
その時には、元の古いほうの機種に「Googleコンタクト」と言うアプリを入れてください。
インストールしたら、Googleコンタクトを開いて、Googleアカウントでログインし、右上のマークを押して「別のアカウントを追加」を選択しましょう。
デフォルトでは、googleの電話帳(何も入っていない)を、使用するようになっていますので、これょドコモなど元の電話帳を表示させる設定操作が必要です。



スポンサーリンク


操作的には、Googleの画面にて、メニューからdocomoの電話帳データ(dアカウントの電話帳)を「すべて選択」して、別のアカウント(すなわちGoogleアカウント)に移動する感じです。
このように、docomoなり、電話帳が入っているアカウントを選択して、追加すれば、Googleアカウントのほうにも、電話帳のデータが入ります。
念のため、Googleアカウントから、連絡先を確認して、すべて入ったか、確認できると良いでしょう。

以上で、古いほうの端末設定と言うか、処理操作は完了でして、残るは新端末で電話帳を読み込む操作が必要となります。

iPhone側での操作手順

新端末のほうでは、初期設定を終えた、普通の画面まで進めてください。
説明が、わかりにくいですね。
初期設定は、スキップするなどして、通常のホーム画面が表示される状態まで、進めてよいです。
iPhoneの場合には、いったん「Appとデータを転送しない」を選択して、まっさらな状態で、スタートアップを終了させれば、OKです。



スポンサーリンク


そしてiPhoneの場合「設定」から「連絡先」を選択します。
更に「アカウント」へ進み「アカウントを追加」から「Google」を選択します。
要するに、Googleアカウントを、そのスマホに、追加すると言う感じですね。
Androidで使っていたGoogleのID(メールアドレス)と、パスワードを入力して、ログインすれば、OKです。
そして「連絡先」をONにして「保存」を押せば、Androidに入っていた、Google連絡先が、iPhoneのGoogleアカウントでも同期されて、連絡先(電話帳)が、新端末にも入ります。

それで、iPhone(新端末)にて、電話を掛ける際のアプリより、連絡先が入っているか?、ご確認願います。
問題なければ、以上で、電話帳の移行は完了です。



スポンサーリンク


なお、上記の方法は「電話帳」のみを移行させる方法です。
例えば、画像(写真類)などは、移せませんので、SDカードなりにバックアップさせたり、Googledrive(クラウド)にて共有するなどの必要があります。
新端末にて、写真不要でしたら、パソコンなどに落として、保存しても良いでしょう。

また、LINE(ライン)を引き継ぐ場合には、先に古いほうのLINEの「設定」から、「アカウントを引き継ぐ」を、先にONにしておく必要がありますので、ご注意願います。
先に、旧端末側で、アカウントを引き継ぐをONにしてから、新端末に、LINEアプリを入れて、ログインする際に電話番号を入れたら、あとはSMSでの数字認証など、使えるようになります。(この方法は簡単ですが、ログ・履歴は残りません。)

iPhone「SMSが受信できない」問題 2段階認証ができない解決法を探ってみた
SMSメッセージ「新着メッセージがあります」docomoのiPhone iOS Dismiss?消す方法
2021年「ドコモの新料金プラン」ahamo(アハモ)特徴を分かりやすくシンプルに詳しく解説

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る