新格安SIM【新FREETEL SIM】が素晴らしくお得

スポンサーリンク


 魅力ある料金設定の格安SIMカードを販売している「フリモバ」に、また新しい挑戦的な新SIMカードプランが登場しました。

 その名は「新FREETEL SIM」と言います。

 簡単に言うと、データ通信は使った分だけの「従量制」になっています。
 でも、これまで他社の格安SIMの従量制は、余り使わない分には安いのですが、1GB、3GBとちょっと使った場合には、元々1GBまでのSIMの方が安かったりと、あまり使い勝手が良くないと申しましょうか、使うと「損」をしてしまうケースがあり、結局は定額のSIMを選択するなんて方も多かったと思います。

 でも、それらの懸念が払拭されたのが2015年7月15日に今回登場した「新FREETEL SIM」です。

datanomi1

 データ通信SIMの場合には、最低料金が299円(税別)です。
 ただ、299円では最大100MBまでしか使えず、そのあとは段階性での料金に自動で上がります。
 でも、1GBまでなら499円(税別)、3GBまででも900円(税別)と言うのです。
 この段階別料金が大変魅力です。
 普通に定量3GBくらいのSIMを契約しても、他社ならば900円位が相場ですので、余り使わなかった時は安く済むし、ちょっと多く使った時でも対応してくれて、しかも料金が定額SIMよりも割高にはならないと言うのが、今回新登場の「新FREETEL SIM」なのです。

onnseituki1

 上記は、電話番号での音声通話も可能な「音声SIM」での料金です。
 これも大変魅力的ですね。
 データ通信をほとんど使わない方は、999円(税別)で毎月済んでしまいます。
 私の場合では、毎月1GBまでの時もあれば、3GBまで行く月もあるので、このように私と同じ状況の方は、これまで1600円程度の定額3GBのSIMを選択していたと思います。
 でも、この「新FREETEL SIM」にすれば、1GBしか使わなかった月は1199円(税別)で済み、3GBまで行ってしまった場合でも快適なLTEにて1600円(税別)でOKと言う、実に無駄のない従量制にて利用できるようになり、当然、お財布に優しい訳です。

 フリモバさんは他社の動向や価格設定も念入りに調査し、実にユーザーが求めている商品を出そうと言うその勇気も素晴らしいと思います。

 なお、節約モードと言うのがあり、LTEの高速通信では無く、200kbpsのスピードに抑えて、データ通信料を節約すると言う方法も取れます。
 このように、今までありそうでなかった格安SIMプランと言うよりは、他社の格安SIM会社が、収益低下を恐れてあえて手を出さずにいたゾーンに果敢にも挑戦したのが、フリモバさんだと言えるのではないでしょうか?
 プラスワン代表の増田さんには、拍手を送りたいと思います。(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る