4Kテレビ放送視聴方法解説「ケーブルテレビの場合」簡単に視聴できそうです

ケーブルテレビで4K視聴
スポンサーリンク


2018年12月1日より本格放送が開始される、新4K8kテレビ放送ですが、ケーブルテレビに加入している場合、4K放送を見るのはそんなに難しいことではありません。
この記事では、ケーブルテレビや光テレビなどで4K放送を視聴する場合に必要な機材などを解説したいと存じます。

ケーブルテレビにて現在テレビを視聴なさっている場合には、ケーブルテレビ会社が4Kに対応すれば見れます。
J-COMさんなどは対応します。
ただし、レンタルしているケーブルテレビのチューナーが、4K対応チューナー・4K対応ケーブルセットトップボックス(STB)になっている必要性があります。
もし、古いチューナーの場合には、4K対応チューナーへの変更手続きが必要で、その場合、チューナー代などが別途必要になる可能性もあります。
例えば、J:COMの場合には、今入っているプランに追加して、4K J:COM Boxの追加契約が必要で、尚且つ、セットトップボックスを4K J:COM Boxに交換することになります。



スポンサーリンク


なお、テレビのほうですが、液晶テレビが4K対応のテレビでないと、ケーブルテレビの4K対応チューナーで4K放送を受信していても、画質が4Kになりません。
4K画質で見たい場合には、テレビが4K対応テレビになっている必要性がありますので、テレビの買い替えが必要なケースが多くなります。
HDMI2.0/HDCP2.2の規格に対応した4K対応テレビが必要です。
ただし、4K対応テレビであれば、4Kチューナーが内蔵されていなくても、ケーブルテレビの4Kチューナーで映りますので、4K対応テレビだけでしたら、そんなに高価ではありません。

また、現在、ハイビジョン用(2K)の液晶テレビでも、ケーブルテレビ会社の4Kケーブルセットトップボックス(STB)からは、テレビ放送じたいは見れます。
画質が、4Kにならないだけで、みれることになります。

例えば、ジェイコムの場合には、HDMI入力のあるテレビであれば、ハイビジョン(2K)テレビでも、4K J:COM Boxのセットトップボックスを接続して、4K放送の番組を視聴できます。
しかし、画質はテレビに準じますので、ハイビジョン(2K)になります。
これはケーブルテレビ側の4Kチューナーの仕様によりますので、4K放送を、2K(ハイビジョン)テレビで見る場合には、ケーブルテレビ会社などに個別に確認が必要になるかと存じます。

ケーブルテレビ会社の4Kチューナーは、だいたい、ハードディスクを接続できると思います。
そのため、レコーダー(録画機)を別途購入しなくても、ハードディスク(お勧めは2T)を別途、アマゾンか何かで買えば、録画しての4K視聴も楽しめるのではと存じます。



スポンサーリンク


実際には、新4K8K衛星放送開始と言う事で、BS-8Kもありますが、8Kのチューナーは今後、導入されてくるものと推測致します。
地上波は2K(ハイビジョン)のままで、変更はありません。

※以上は、一般的な方法ですので、皆様のテレビ環境やケーブルテレビ会社によっては異なる場合がありますこと、ご容赦願います。

4Kテレビ放送 こうすれば視聴できる方法 ズバリ4Kを見れる解説 実際に行った方法
4Kテレビ放送「用語集」
ハイセンス4KテレビをGoogleHome(スマートスピーカー)に繋げる設定方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る