AdSenceクリック率が急激に低下した場合の対処法・対策法(2クリック制・確認クリック制)

AdSence クリック率

AdSenceの管理画面みましたら「クリック率」がとても低くなっていることに気が付きました。
要因としては、下記のような事が考えられます。

どうやら、広告を押しますと「確認画面」が出るようになってしまったようです。
アドセンス側の表現としては「2クリック制」と言う言葉を使っています。
固定されている表現ではないため、別名としては「確認クリック制」「2段階クリック制」とも呼ばれます。

具体的に、2クリック制の説明をさせて頂きますと、下記の通りです。
通常、広告は、1クリックで、広告先のサイトに飛びますので、それでアドセンスの広告売上となります。
しかし、2クリックの制限がかかると、広告をクリックすると、ワンクッションあり「サイトを見る」ボタンなどが、表示されるのです。
すなわち、2回クリックしないと、広告先に飛ばないため、売上が発生しにくくなり、収益性が著しく悪化します。
そのため「クリック率が低い」と考えられます。


スポンサーリンク


約10サイトほどにて、8年以上、アドセンスまわさせて頂いておりますが、はじめての経験でした。

自身のサイトが、ポリシー違反と言う事ではないため、通知などは届きません。

恥ずかしながら、私も、なかなか気が付きませんでした。
あとから、振り返りますと、変調としては、最初は、2~3日ほど、なんか、急にクリック率が高くなっているな?と感じたのがはじまりだと、思います。
好調で良いことだなんて思っていましたら、こんどは、また、売上が下がって来ちゃったな?とは感じていたのですが、自分の不甲斐なさのためだと思い込んで、データ分析まではしませんでした。
しかし、お陰様で、皆様よりアクセスを頂いて、PVがある程度増えた際に、いつものような売上にならなかったため「あれ、おかしいな?」と、ようやく気が付いた次第です。
調べてみますと、約6日前から、クリック率が0%になっているサイトもあるなど、異常が見つかりました。
すなわち、6日前くらいから、2クリック制になっていたと推測しております。
約10サイト中、7サイトが、同じ日にちから、突然、クリック率が大幅低下していました。

チェックするポイントは「クリック率」と「ページのインプレッション収益」
この両方が大きく下がっている場合には、対策作業が必要です。

なんか、最近、アクセス数はそんなに増えていないのに、なんか、売上が上がっているな?と感じている場合には、要注意です。
基本的には、毎日、サイトのクリック率の状況を確認しましょう。(昨日のデータを確認すればOK)
それで、サイト毎の平均値がつかめますので、大幅に変化した場合には、異常が発生していると言えます。

先月の「無効なトラフィック – コンテンツ向け AdSense」が、売上の15%以上を占めた場合には、広告状態の点検が必要かも知れません。

なお、どうなっているのか?、自分で、広告を押してみるのは、アドセンスの規約違反となります。
アカウント停止になる可能性もありますので、異常を確認したいからと言って、自分で広告を押すのは、辞めておきたいところです。

原因

原因は、サイトのレイアウト構成などによります。
そのため、一概には言えませんが、私の場合には、長年大丈夫だったものが、突然、制限になった訳ですので、サイトの構成である可能性は低いと考えられます。

アドセンスのデータを調べてみますと、私の場合には、自動広告がクリック率0%でして、手動広告はある程度のクリック率があることがわかりました。

念のため、最初はサーバー能力など(表示スピード)や、コンテンツのテーマ(テンプレート)、プラグインなどの影響もさぐってみました。
サーバーは3社、テーマは4つと、それぞれ異なる運用なのですが、ダメになった7サイトと、問題ないサイトと比較しても、サイト側での共通する原因は見つからず、サーバーやテーマ・プラグインなどは関係ないと判断致しました。
という事で、完全に、AdSence広告表示の行い方の問題の可能性が高いと考えました。


スポンサーリンク


なお、この2クリック制は、モバイル広告枠、すなわち「スマホ画面」の状態時のみの制限です。
執筆時点では、パソコン画面とタブレット画面では、アドセンス側で対策が講じられていません。
なお、Googleさんの係員が手動で制限するのではなく、機械的に、自動で判別されて、自動で制限になるようです。

あと、この2クリック制限を受けたことが理由で、アカウント閉鎖になったりすることは、無いようですので、その点はご安心頂ければと存じます。

初動対策

制限が掛かってしまった可能性が高い場合には、まずは、その制限の「解除」を目指す、対策を早急に取りたいところです。
私の場合、そろそろ、寝ようかな?と考えていたころに、気が付いてしまったため、眠たい目をこすって、夜な夜な作業致しました。
まずは、解除となる対策を、徹底的に講じて様子を見ました。
そして、後日、無事に解除されたあとに、調整することにしてみました。
2クリック解除のために行った最初の対策は、下記の通りです。

(1) 自動広告を、全面的に「OFF」にしてみる

クリック率が大幅低下しているサイトの自動広告を一旦「オフ」にしましょう。
当方の場合、約10サイト運営している関係で、制限になっているサイト、制限になっていないサイトと、各サイト毎に原因を「比較」することができました。
その検証の結果、サイトの構成などにもよりますが、自動広告が、意図しないクリックを誘発している可能性が、一番高いと考えております。
そのため、まずは、自動広告をやめて、そもそもの制限が解除されるのを待つことにしました。

(2) 手動広告は、残してみる

手動広告は、残して様子をみましょう。
もし、手動広告を全く入れていなかった場合には、全記事に、手動広告を1箇所入れて、その後のクリック率を調べる必要があると考えております。

(3) 手動広告に「スポンサーリンク」の文字を、きちんと入れているか?確認

この「スポンサーリンク」としっかり入れるのは、強制事項ではありませんが、今回のように、制限がかからないよう、自分のためになる対策でもあります。
ただ、自動広告では、それが難しいんですよね。
やれないことはないのですが、最初から、アドセンス側で「スポンサーリンク」と入れて欲しいと、長年、感じております。

(4) 初動広告の上下間隔を開ける

アドセンス広告の上下間隔が、狭い場合には、すき間を開ける対策を行いましょう。
どのくらい、開けたほうが良いのかは、正解がないため、最初は、大き目に間隔を開けて、まずは、制限の解除を目指すと良いでしょう。

(5) ads.txt 設定再確認

間違っていないかなど、確認しましょう。
記述が間違っていないか?、念のため確認しました。
もし、ads.txt を、まだ設定していない場合には、設定しておきましょう。

(6) サーバー・キャッシュをリセットする

すべての対策を行いましたら、最後に、サーバー・キャッシュをリセットしましょう。
これを行わないと、対策した内容が、早期に反映されません。
また、ブラウザ・キャッシュも、初期化できると、ベストだと存じます。

(7) スマホ画面で確認する

色々といじくりまわしたら、必ず最後に「スマホ」でサイトを表示して、広告の状態などを、確認してみましょう。
それで、まだ、問題個所があれば、配置などを変更してください。
変更後は、改めて、サーバー・キャッシュをリセットして、再度、必ず表示確認しましょう。

なお、ブラウザ・キャッシュの関係で、変更箇所が、まだ反映されていないケースも考えられます。
表示がおかしい場合には、別のスマホ端末にて、表示確認願います。

以上で、あとは、なにかしたいのを我慢して、クリック率が上昇するのを、待ちましょう。
1週間経過しても、クリック率が上がらない場合には、再度、対策の見直しが必要だと考えられます。
また、私のように、複数サイトを運営している場合には、今は大丈夫なサイトでも、ある突然、制限がかかることも考えられますので、引き続き、監視が必要です。

なお、WordPressであれば、誤クリック防止用のプラグインなどもありますが、スマホ画面では、有効ではないみたいですので、入れたりはしていません。

解除目安

しっかり対策を講じたとしても、いつ頃、制限が解除されるのか?、とても気になるところです。
対策をしたので、審査して欲しいと言う、要望を出すことは、できない仕組みです。
そのため、解除されるのを、待つしかありません。


スポンサーリンク


私が行った対策においての実録では、概ね、12時間後~36時間後には、クリック率が回復致しましたので、予想していたよりも、比較的、早く、解除されたと言う印象です。
※あくまでも、実際の状況に基づく目安ですが、すべてのサイト様で、同様になるのかは、わかりません。
これらの結果から、解除に関しても、恐らくは、機械的に自動判別になっているものと考えられます。

原因解析助言代行

私同様に、お困りの方もおられるかと存じます。
クリック率が大幅低下している場合において、ご自身では対応策などがご不明なときには、下記の通り、原因の解析と、対策方法のアドバイス、当方での設定変更代行を「パック」として、対応させて頂くことも可能です。
24時間以内返信と、48時間以内返信と、2通り、ご用意させて頂きました。

入金後 概ね24時間以内目安 1サイト6600円(税込)
入金後 概ね48時間以内目安 1サイト4950円(税込)

※2サイトなど複数分析の場合には、複数分の料金を賜ります。(基本的には主な1サイトでの分析結果を、他のサイトにも生かせばよいかと存じます)
※当方のアドセンス・アクセス権限設定がされていない場合には、先にご入金頂いても24時間以内などの対応はできません

出張時には不在しているため、緊急対応ができません。
そのため「事前」に下記より「受付」致しまして、メールにて、ご返信の中で、稼働できる予定と、銀行振込方法などをご案内させて頂きます。
そのメールで返信された案内をご覧頂いてから、ご依頼されるか?、決めて頂いて結構です。

ご依頼主様側にて必要な情報提供と設定は下記の通りです。

・該当ドメインの報告
・アドセンスの管理画面へ、当方のアクセス権限設定
※アクセス権限の手順はご説明致します。(うまく操作ができない場合には、追加サポート(3300円)も可能とフォロー)

その他の個人情報などは不要です。

解析レポートは、約300文字程度と、簡潔な内容となります。
有効だと考えられる、対策方法のアドバイスも、回復後の調整アドバイスも、入れさせて頂きますが、対策後の結果を保証するものではありませんので、ご了承願います。
返答後に、再度、ご質問などがある場合には、1回(1案件)に限り、無償でお受け致します。(質問2回目以降・2案件目以降は有償対応)
サイト内容などの秘密などは厳守致します。

まずは、下記のフォームより、ご連絡賜りますと幸いです。
出張していなければ、即日~翌日午前中には、メールにてご返金申しあげます。
出張時には数日から5日後のご返信になりますので、ご容赦願います。
メールアドレス入力をお間違いになっていると、当方がご返信差し上げても、あなた様に届きませんので、ご容赦願います。
5日以上経過しても、メール返信が届かない場合には、迷惑メールをご確認の上、改めて、その旨お知らせ願います。返信状況を、ご確認申し上げます。
※送信後は、この画面に戻ります。




スポンサーリンク



関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る