WordPress 相互リンク設置方法 プラグイン

スポンサーリンク


 WordPressに、相互リンクが可能なプラグインです。
 単純なリンク集としてのご活用も可能ですが、サイドバーなどには表示されないタイプです。

 WordPress Link Directory と言うプラグインを使用します。
 別途、日本語化パッチもあります。

(1) WordPressの管理画面から、プラグインの新規追加より、WordPress Link Directory でプラグインを検索し、インストールします。
 ※有効化はちょっと待ってください

(2) 日本語化ファイル(zip)をダウンロード します。このファイルは shotets info さんのご厚意で無償公開されていますので、感謝して使用しましょう。

(3) ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、解凍後のフォルダに「link-directory.php」 と 「wplinkdir-ja.mo」のファイルがあります。
 その2つのファイルをWordPress Link Directoryのフラグイン本体があるフォルダに、FTPなどでアップロードします。
 通常は、 wp-content/plubins/wordpress-link-directory/ この中に2つのファイルをアップします。
 ※FTPなどによっては、link-directory.php ファイルがうまく更新されない場合があります。その際には、更新されないサーバー内のファイルを削除してから、新規アップしてみてください。

(4) WordPressの管理画面より WordPress Link Directory のプラグインを有効化します。
 ※日本語化ファイルをアップする前に、有効化すると、正しく日本語化されない(一部だけ日本語化になる)場合があります。

(5) 相互リンクを表示させたいページなどの記事入力欄に[ wplinkdir ] を記述。 ← 半角スペースわざと入れてますので、半角スペースは無くして記述願います。
 固定ページにすると良いかと存じますが、パーマリンクのファイル名は link で更新すると良いです。
 ※links では、私の場合、うまく表示されませんでした・・
 そして、そのページをトップページからたどれるように、設定願います。(メニュー設定するなど)

 ※WP Link Directory の設定画面にある「その他リンク」の「パーマリンク設定」には、デフォルトで links になっています。
 要するに、固定ページのパーマリンクを 同じ文字列と合わせて links とすると良いのだと思いますが、実際に固定ページは links ではうまく反応しなかったり、 link にすると反応したり、逆に、WP Link Directory 設定の方を「空白」にすることで、うまく表示されたりと、WPのテーマによって弊害が様々ですので、うまく表示されない場合には、色々と試してみるしか無いようです。

(6) WordPress Link Directory の設定は、WordPressの管理画面のサイドバー下部に WP Link Directory より、各種設定してください。

 Other Options の中の パーマリンク設定の欄は「空白」(なにも記載しない)で、変更を更新 すると、私の場合、うまく表示されました。

 以上です。

 引用元はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る