2021年「ドコモの新料金プラン」ahamo(アハモ)特徴を分かりやすくシンプルに詳しく解説

  • 2021年「ドコモの新料金プラン」ahamo(アハモ)特徴を分かりやすくシンプルに詳しく解説 はコメントを受け付けていません
2021年「ドコモの新料金プラン」ahamo(アハモ)

ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)が正式発表となりました。
2021年3月からの新料金プランは、かなり「シンプル」に設計されているようですので、当方も、出来る限りシンプルにご紹介してみたいと存じます。
なお、細かい条件の部分は、執筆時点で発表されている内容に準じています。
その後、詳細が発表されますと、異なる点や、Softbankやauの出方次第では、変更となる可能性もありますので、最新情報に留意願います。
当方も、変更点などがありましたら、適時、追記・修正・更新させて頂く予定です。





新料金プラン「ahamo」(アハモ)

月間データ容量20GB 月額2980円(税抜)
4G・5G回線対応
海外82の国々・地域でも追加料金不要で20GBデータ使用可能
<注釈> 海外15日を超えると通信速度を制限
利用可能データ容量超過後速度 送受信時最大1Mbps
※データ容量追加は1GBあたり500円(税別)
<注釈> 3G回線は使えない。(ごく一部の海上などで通信できない可能性あり) FOMA単独エリアは圏外

国内電話5分無料つき
※5分経過後は30秒ごとに20円の通話料
※国内通話かけ放題は、別途月額1000円(税別)
※「SMS」(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は、別途通話料金が必要。
<注釈> 従来の家族間通話無料などはない

提供開始時期 2020年3月予定

事務手数料 無料 (新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料)
※手続きはすべて、オンライン受付のみ

2年縛りなし 2年定期契約や解約金の設定はなし

キャリアメール 提供なし (docomo.co.jpメール使用不可)
※G-mailなどを使えばよい

支払い方法は「銀行口座振替」「クレジットカード払い」のみに対応
1000円ごとにdポイント10ポイント

法人契約不可 (個人契約のみで、dアカウント必須)





その他注意事項

ahamoに関して、ドコモの店舗・窓口では契約・変更・盗難・故障・相談など一切対応なし
<注釈> オンライン対応のみ
20歳以上が本人名義で契約可能
<注釈> 20歳未満は、親権者が契約して、本人は「利用者登録」することで可能
みんなドコモ割 (契約回線回数に応じた割引)は、ahamoは適用外 (カウントされない)
複数契約の一括請求に対応外 (NTTファイナンス「おまとめ請求」利用で実質一括請求可能) ※今後改善される可能性あり
2020年5月頃のシステム改修後は、簡単に料金プラン変更が可能になる予定

新システム改修前(~2020年5月頃)

先行エントリー期間 ~提供開始日前日までの登録で、2021年5月31日までにahamoにした場合、特典dポイント(期間・用途限定) 3000ポイント
ドコモでは、2020年5月頃にシステム改修を進めていますが、改修前では下記のとおりの手続きが必要となります。
ドコモの既存プランからahamo利用に料金プランを変更する場合、MNP転出の手続きが必要
<注釈> MNP転出手数料などはすべて無料

従来の割引のように、フレッツ光を使うと割引する、家族3名以上で割引など、今のところ、細かい割引条件などはない模様です。
シンプルな料金のようで、かなり思い切った内容だと存じます。





ただし、気になるのは、20GBまでとデータ容量を限定しているところです。
これからずっと4Gスマホだけを使用するのであれば良いのですが、5Gのスマホを本格的に使いだしましたら、20GBでは、ぜんぜん、足りない可能性が出てきます。
500円で1GB分追加で購入できますが、この500円と言うのは、ビックリするくらい高額です。
当面は、5G基地局の整備が、なかなか進まないので、お概ね4Gでの接続となるため、20Gでも十分である可能性が高いです。
そのため、どちらかと申しますと「ライトユーザー向け」と言えるでしょう。
しかし、そんなに通信しない人、今現在4G回線で月5GB程度の利用者でも、5G対応スマホで、5Gが整備されてくると、20Gなんて、あっと言う間に消化する可能性が出てきます。
5Gだと、瞬間的に、大容量をダウンロードできてしまうためです。
本来であれば、無制限で5Gを利用できないと、安心して楽しめません。
ただ、その心配も、基地局の整備次第です。
5G基地局が都市部以外まで、整備が進むには、5~10年程度要しますので、今のところは、20GBあれば充分とも考えられます。

なお、ドコモの既存プランが、無くなってしまうと言う事ではありません。
ahamoは「オンライン手続きに特化した中容量の新プラン」という位置付けです。
従来の5G契約向けの「5Gギガホ」「5Gギガライト」、Xi(LTE・4G)契約向けの「ギガホ」「ギガライト」は、今後、店舗での契約も可能な「フルサービス」としての「Premierプラン」(プレミアプラン)」と言う感じになります。
分かりやすく申し上げますと、新しい、ahamoは、手続きなどすべて自分で操作する、ガソリンスタンドの「セルフ」のようなもので、昔ながら係員さんが給油してもらう方法から、安く提供する新しく方法になったと言えるでしょう。
なお、ドコモでは、従来のプランも、値下げなどを2020年12月中に追加発表する予定です。
その他にも、20GBより小容量のプランは、MVNOとの連携を軸に検討を進めていると言います。

ともあれ、現在、ドコモ本体のスマホ利用者の多くは、キャリア変更することなく、料金プランの変更手続きだけで、この20GB=2980円を利用できてしまいます。
なお、この新料金プランとは別に、ドコモは、格安SIM会社も、別途立ち上げるとしていますので、そちらにも、注目です。

iPhone「SMSが受信できない」問題 2段階認証ができない解決法を探ってみた
アハモ(ahamo)を中学生・高校生・大学生など未成年が使用する方法(名義変更)


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る