イーモバイル解約方法 店頭での解約方法

スポンサーリンク


 EMOBILE (イーモバイル)を解約致しました。
 毎月の料金は安いですし、サービス面では特に文句はないのですが「電波がない地域が多すぎ」でした。

 携帯電話(スマートフォン)は、電波が入らない事には、持っていても無用の長物と化します。
 電波が繋がらなければ、イザと言う時に110番もできません。

 イーモバイルは市街地などでは問題なく電波入るのですが、ちょっと地方に行くともうダメです。

 例えば、野辺山から軽井沢に移動した時です。
 国道414号で野辺山を過ぎたら、佐久に入るまで、電波が来てない状態がずっと続きました・・。約30kmもの距離、ずっと電波が来てないのですよ。
 位置ゲーをしているのに、全く意味がありません。



スポンサーリンク



 
 その為、こよなく愛していたイーモバイルとは、もうサヨナラさせて頂き、ドコモのみで行く事に致しました。
 イーモバイルではソフトバンクの電波が使えるようになりましたが、それも新しい端末でないとダメなのです。古い端末ではソフトバンクのバンドに対応していないのですね。

 イーモバイルの解約は下記に説明がありました。

 イーモバイル解約方法

 しかし、なんだか、ソフトバンクのように「なんで解約するの?」なんて誘導になっているので、正直申し上げて幻滅しています。

イーモバイルショップで解約

 郵送での解約以外に、イーモバイルショップにて直接解約する方法があります。
 ショップで直接解約すれば、その場で手続きが完了するようなので、直接ショップで解約してみる事に致しました。
 ただし、解約手続き対応ができないショップもあるようでして、解約手続きができるかどうかは、イーモバイルショップの各店受付業務案内に「解約」と表示されています。

 持参する必要な物は「SIMカード(EMChip)」と「契約時の4桁数字の暗証番号」と「解約理由」のみでした。
 ただし「自分の契約者コード」「身分証明書」「携帯電話番号(契約時に記入した自分の携帯電話の番号)」が必要と言う話もあり、店舗によって対応が異なる事も考えられますので、念のため、契約者コードと身分証明書なども持参された方が無難だと存じます。
 解約理由は適当で大丈夫ですが、電波が繋がらない地方が多すぎると、正直に申し上げて良いかと存じます。

 SIMカードはレンタル品ですので、絶対に返却しなくてはなりませんが、もし、紛失してしまっている場合には、その旨申し出ましょう。
 確認作業が追加されるかも知れませんが、怒られることはありません。

 対面なので、解約金が必要などの有無も確認でき、約10分程度で完了致しました。
 郵送だと、書類がイーモバイルに到着した日が解約日となりますが、店頭だとその日が解約日となりますので、月額料金の「日割り計算」でお得となりますので、店頭解約がお勧めです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る