さくらVPS ウイルス対策 ClamAV インストールしてスキャン

スポンサーリンク


 VPS と言えども「ウイルス」に感染する恐れがあります。
[text]
 su –
[/text]
 で、ルート権限にしてから
[text]
 yum -y install clamav
[/text]
 でインストール。
 定義ファイルが最新ではないので、
[text]
 freshclam
[/text]
 を入力して、最新の定義ファイルに更新実行。

 今後、手動で更新するのは大変なので、デーモンで自動更新するように設定。
 下記は毎日更新する設定。もっと短時間での更新も可能だが、当然サーバーに負荷が掛かるので1日1回程度で良いだろう。
[text]
 freshclam -d -c 1
[/text]
 さっそく、ウイルススキャンを開始。
[text]
 clamscan -r -i
[/text]
 10秒くらい? たつとサマリーが表示されて終わる。

 問題は、自分のパソコンに入っているような自動でチェックする常駐スキャンでは無いので、手動で上記のウイルスチェックを実行しなくてはならない。
 もっとも、常駐させればそれだけサーバーに負担は掛かるし、一番怖いのはウイルスではなく「ハッキング」だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る