ドコモのオンラインでiPhoneXSを予約してみた~手続きから受け取り売却まで実況【2018年9月】

iphonexs予約
スポンサーリンク


2018年9月21日にiPhoneXSが発売予定ですが、予約解禁(予約受付開始)は、9月14日夕方16時からでした。
今回は、その時点でまだ踏ん切りがつかず、出遅れまして、9月16日にドコモ・オンラインショップから、iPhoneXSを予約してみました。
と言うことで、今年も予約から受け取りまでを記録として残しておきたいと存じます。

まず、今回は店頭受取ではなく、あえて、ドコモオンラインショップから宅配便で届くオンライン予約を選択しました。
理由としては、今回のiPhoeXSの新発売では、docomo-online-Shopからですと、キャンペーンで、端末料金が5184円(税込)割引されるからです。
機種変更の場合、5184円は、dポイント(固定ポイント)での還元ですので、その点はネックですが、店頭の場合には、5184円分のポイント還元もありませんし、3000円の事務手数料も取られます。
しかし、公式のオンラインショップでしたら、その3000円事務手数料も無料ですので、まぁ、約8000円分、お得と言えるためです。



スポンサーリンク


最短配達日

と言う事で、予約したあと、9月19日の午前中になって「入荷」のメールが届きました。
さっそく、クレジットカードで支払い手続きを行いましたが、今回も1年後の買い替えをスムーズに行うため、128952円(税込)一括払いです。
最短の配達日は、今回、予約が出遅れましたので、9月末くらいになるのを覚悟していましたが、発売日(9月21日)の翌日の9月22日が選択できました。
予約開始直後に予約完了された方では、発売日9月21日に届く方もおられるようですが、届くのが9月22日の選択になると、怒っている方もネット上にて見受けられました。
この1日程度の差は、恐らく、配送の距離の問題だと推測致します。
ともあれ、私の場合、1日遅れとはなりますが、9月22日が配達予定日となりました。
どうやら、ゆうパックで届くようです。
なお、実際には、郵送ではなく店頭受取にここで切り替えることも可能でした。
ただ、店頭に変更すると、結局は、配送センターからドコモショップに送られる訳ですので、更に受け取りに日数が掛かると推測して、配達を選んでいます。
下取りはoffにしています。

さて、9月20日の夕方になって、出荷したとのメールが届きました。
Apple社の物流センターは東京・有明でヤマト運輸と契約だったと思いますので、ドコモの倉庫から出荷されるのでしょうかね?
ゆうパックの荷物確認(配送状況確認)をしてみますと、新大阪郵便局となっていますので、大坂の郵便局が荷物として引き受けたようです。
そうなると、翌日の9月21日に配達があってもおかしくないのですが、配達日指定は選択した9月22日になってしまっていると推測致しますので、中1日、郵便局にてiPhoneXSは、お泊りになりそうです。
まあ、発送手続きがスムーズにいかなかった場合などに備えて、1日多く、配達日指定を見積もっているものと感じます。
配達予定日より早く受取るには、運送約款上、差出人(ドコモ)の許可が必要らしいので、数百メートル先の郵便局には午前中に届いているのですが、配達予定日の明日にならないと受け取れないと言うジレンマがあります。
いずれにせよ、出荷や配達に携わっている従業員さんは、とても忙しい思いをなさっているとは存じますので、感謝したいところです。
と言う事で、発売日から1日遅れる事、9月21日の朝にiPhoneXSが到着致しました。



スポンサーリンク


過去の情報として、昨年のiPhoneXのときの話は下記をご参照賜りますと幸いです。

ドコモのオンラインでiPhoneXを予約してみた~手続きから受け取りまで実況

ちなみに、iPhoneは全世界同時に新発売される訳ではありません。
先進国などの市場規模の大きい国が第1出荷国なっていますので、日本は恵まれています。
第2次出荷国は約1ヶ月ほど遅れての販売開始です。
ただし、日本と韓国のiPhoneは、犯罪防止のため、カメラのシャッター音を消せない仕様になっているため、音が無いのが標準の海外では嫌がれているのが現実です。
まぁ、アプリを使えば音は消せますが・・。

あと、使わなくなるiPhoneXは、ヤフオク(Yahoo!オークション)で、売却することにしました。
その結果も、追記したいと損じます。
驚くことに、1円スタートして数時間で4万円まで入札額が上がっています。
翌日には61000円を越えました。
状態は非常に良いので7万円くらい行くと、docomoの下取りの6万円より高くなりますので、ありがたいのですが・・。

実際には約79000円で落札されました。
手数料を引かれても、71000円ほどで売れたことになります。

+ドコモiPhoneXS(64GB)128952円
-購入時家族まとめて割5184円
-月々サポート(11ヶ月分適用)26136円 ※iPhoneXは発売が10月だったため11ヶ月分
-ポイント進呈5184P
-古いiPhoneX(64GB)ヤフオク売却額71000円
=支払い差額2万1448円

高性能なiPhoneX(64GB)を、約1年間、2万円ちょっとで使えていたのですから、1年単位でこのように買い換えても、そんなに損なことではないことが、改めて証明されました。

それにしても、ヤフオクに出品しましたら、下記のような質問が、相次ぎました。

Hello, I am interested buying this your item still available for sale? I will offer you US$1,500 for this item shipping through EMS/FEDEX for urgently needed so get back to me on (相手のメールアドレス) add me on Line ID: (ラインのID) Thanks.

上記以外にも、ご丁寧に日本語でも連絡が来ています。
まず、ヤフオクの規約で、質問欄などからの直接取引は禁止されています。
しかし、中古にもかかわらず、1500ドル(日本円で約16万円)で売ってほしいと言うのは魅力的ですが、他に正式な方法で入札して頂いている方がたくさんいますので、もちろん、裏切る訳にはいきません。
と言うのもありますが、このような連絡は「ナイジェリア詐欺」の一種ですので、皆様、引っかからないように。
まぁ、なかには、65000円で売ってほしいとの打診もありましたが・・。

iPhoneの失敗しないリセット方法~下取り時・買取前に忘れずに
子供のiPhoneに親のiPhoneから使用時間の制限をかける方法【スクリーンタイム】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る