iPhone11へ 機種変更時 注意点 バックアップ データ移行 復元方法など

iPhone 機種変更時 注意点
スポンサーリンク


iPhoneを新しく購入し、古いiPhoneから「データなど」を移行する方法・攻略法を記載してみます。
特に注意しなくてはならないチェックポイント・注意点にも触れたいと存じます。

まず、古いiPhoneにて、新しいiPhoneにデータ移行する前に、必ずやっておきたい点です。

機種変更で一番大事なのは、古い機種のデータをバックアップすることです。
バックアップを行う方法は、パソコンに接続してiTunesを使う方法と、普段お使いであろうiCloudを使用する方法の2種類ありますが、ここでは簡単なアイクラウドを使う方法としてご紹介いたします。

iCloudには、いつも、Wi-Fi環境にてiPhoneの充電を行うと、自動でiPhone内の情報がバックアップされるようになっていると存じます。
このバックアップが正常に行われていて、最新状態であれば、古いiPhoneで使っている「アプリ」の多くも、そのまま引き継がれます。(一部を除き)

ただし、もし、古いiPhoneのiOSが古いままだと、バックアップがうまく行かない場合があります。
よって、iOSが古い場合には、最新版にバージョンアップしましょう。
iPhoneの「設定」>「ソフトウェアアップデート」>「今すぐインストール」でアップデートできます。



スポンサーリンク


iOSが最新であれば、次にAppleIDとパスワードを確認しておきましょう。
新しいiPhoneにて、古い機種で使っていたAppleIDとパスワードがわからないと、そもそも、引継ぎできません。
もし、パスワードを忘れてしまっている場合にはは、Appleサポートからリセットが可能です。

そして、iCloudのバックアップを最新の時間にしましょう。
設定から「Wi-Fi」をオン
その後、設定の上部にある「自分の名前」のところをタップ → 「iCloud」をタップ
iCloudの中にある「iCloudを使用しているAPP」にて、引き継ぎたいものがオンになっているか、確認します。
そして「iCloudバックアップ」をタップして「今すぐバックアップを作成」を押します。
バックアップが終るまでには5分程度など、時間がかかる場合がありますので、終了後、時間が新しくなっているか、チェックしておきましょう。

絶対に引き継ぎたいアプリの確認も行っておきましょう。
例えば、LINEや課金しているゲームなど、重要なアプリがある場合ですが、万が一、バックアップが引き継がれなかった場合に備えて、アプリの情報を取得しておきましょう。
ID・パスワード・引継ぎデータなど、そのアプリによって様々ですので、詳しくはそのアプリのヘルプなどより、確認をしておくと良いです。
これを怠ると、うまく新機種にデータが移らなかった場合、ログインできなくなる恐れがあります。
特に、ゲームなどは、コードが必要な引き継ぎもありますので、写真を撮影しておくなど、対応したいところです。

アプリは、・ログインのためのアカウントとパスワードを確認しておくこと。
メールアドレスを変更した場合には、SNSの登録メールアドレスも変更しておくことが大切になります。
これは、万が一、iClouedバックアップや、データ引継ぎがうまく行かなかった場合の処置です。

次に、お子様のiPhoneなどを「スクリーンタイム」にて制御・制限している場合には、一度、解除しておきましょう。
特にお子様のiPhoneを新機種に変更する場合には、これを行っておかないと、Apple ID の入力などが制限されている可能性がありますので、解除しておきましょう。

気を付けたいのは「iPhoneを探す」です。
データを移す前に、この「iPhoneを探す」をオフにしておかないと、データを移したあとの古い機種では、ずっと「探す」が有効になってしまいます。
最悪、自宅の場所などがわかってしまいます。
下取りに出したり、買取などしてもらう場合には、その前に、必ず解除しておきたいところです。
設定の上部にある「自分の名前」のところをタップ → 「iCloud」をタップ → 「iPhoneを探す」からオフにできます。

最後に、古いiPhoneの画面が1分後に消えるなどの「自動ロック」を解除しておきましょう。
自動で画面が消えてしまう「ロック」が掛かると、データがうまく移動しない可能性が出てくる場合があるようです。



スポンサーリンク


新機種への移行

iPhoneを機種変更した場合、SIMカードを、古い機種から新しい機種に移してからの新しい機種へのデータ移行・復元方法です。

SIMカードは最後に移しますので、まだ、移さないでください。

古い機種の方での準備が完了しましたら、新しいiPhoneを起動させて(電源をオン)にして、顔認証の登録を進め、データ移行を開始しましょう。
自宅のWi-Fi環境など、通信状況が安定している中でお願い申し上げます。

iOS11から「クイックスタート」が追加されました。
古いiPhoneと、新しいiPhoneを横に置くだけで、言語設定・キーボード設定情報、Wi-Fi設定情報・パスワード・Apple IDなど、ほぼすべてが、自動で引き継げる機能になっています。

新しいiPhoneの電源を入れて、クイックスタートまで操作します。
古いiPhoneを近づけて「続ける」を選択します。
古いiPhoneで「許可する」を選択し、その後6桁の確認コードを記憶します。
古いiPhoneで6桁などの確認コードを入力します。



スポンサーリンク


クイックスタートが終ったら、新しいiPhoneのアプリなどのダウンロードが開始されます。
データ容量やWi-Fi環境によっては10分~20分ほど掛かる場合もあります。
写真をiCloudに保存していなくても、問題が発生しなければ、古いiPhoneの写真なども自動で移行されます。

だいぶインストールが完了しましたら、SIMカードを新しいiPhoneに移して、4Gも表示されるか、確認しまょう。
できれば、電源を一度OFFにしてから、入れ替えた方が良いかと存じます。
iPhoneX以降、顔認証のiPhoneの場合に、電源をオフにしたいときには、右のボタンと、左上のボタンを同時に長押しすると、電源オフにできる画面になります。

古いほうのiPhoneを売却や下取りに出す場合には、画面表示に従って、データのリセット(削除)を行ってください。

あと、下記では、iPhone11で、ちょっと変わった変更点や初期設定で必要な事も明記致しております。

iPhone11 新機種への機種変更はApplestoreが一番お得か?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る