ドコモiPhone 6sへの買い替えはお得なのか?【2015年9月25日発売】

スポンサーリンク


 Appleの最新スマートフォン「iPhone6s」と「iPhone6s-Plus」が2015年9月25日に発売されます。
 従来の機種と大きく変わったのは下記の3つです。

・3DTouchディスプレイ搭載
・新色としてローズゴールドが追加
・カメラが1200万画素、CPUはA9チップとなり性能が70%向上などハードウェアの向上

 ディスプレイ・サイズと解像度などはiPhone6と変更なし。
 本体のアルミニウムは7000シリーズにと強化されましたが、その分、10~20g重くなりました。

 背面カメラは800万画素から1200万画素へと向上。
 120万画素だった前面カメラも500万画素と改善されましたが、Android機と比較すると、正直まだ不満が残ります。



スポンサーリンク


 CPUの性能は高くなりましたが、バッテリー駆動時間は変わらずです。

 ストレージ容量は16GB、64GB、128GBの3種類。

 SIMフリーモデルの価格下記の通り。(税別)

 iPhone6s
 16G-8万6800円
 64G-9万8000円
128G-11万800円

 iPhone6sPlus
 16G-9万8800円
 64G-11万800円
 128G-12万2800円

 アクセサリ
 Lightning-Dockが5800円
 純正ケース4104円から。

 Appleでは、9月12日に予約受け付けを開始し、9月25日に発売する。

iPhone6sへの買い替えは得なのか?

 さて、ドコモよりiphone6sの販売価格などが発表されましたので、買い替えがお得なのか検証してみました。

 一番安い、iPhone6s(16GB)でドコモの販売価格は93312円(税込)です。
 月々サポート24ヶ月の適用を受けると、実質負担は25920円(税込)で、24ヶ月割ると、毎月1080円の負担でiPhone6sに機種変更できると言う事になります。
 ただし、現在iPhone5sやiPhone5cを使用していて、ドコモで下取りしてもらうと、その25920円分をキャンペーンで無償にしてくれますので、現在iPhone5sやiPhone5cを使用している方にはお得でして「朗報」です。

 実際の発売日までにまだ追加のキャンペーンがいくつか発表されましたが、私の今回の買い替えは「NO」です。

 9月16日には、auとソフトバンクに追従する形で、無料通話の定額1700円のカケホーダイ・ライトが追加発表されましたが、なんと、一番安いデータSバック(3500円)の利用者は、適用外と言うので、これも期待に反する結果となりました。

 と言う事で、やはり、iPhone6sは「割高」であり、新たな料金形態も決して安くはないと言う事で、私の場合は買い換えNGです。

 iPhone6sは一番安い16GBで、税込94000円近くします。
 円安の影響もあるかとは存じますが、防水も無い、ワンセグ機能も無く、バッテリー交換も簡単にできないなど、機能の割には、非常に割高ですし、iPhone6sもそんなに大きく性能が進化した訳ではないので、今回、買い換えるのは得策ではないと判断しました。
 また、正直言って、毎年変わるiOSだと、進化に追いつけないアプリに不具合が出たりするため、AndroidのOSの方が利用者にとってはありがたいようにも感じます。
 もし、買い換えるとしたら、Android機の方がお得に感じます。
 と言うより、ドコモの縛りなどがなくなれば、iPhoneはやめて、Android機に変更したいと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る