画面のコントラストを抑えてiPhoneのバッテリー消費を抑える方法

スポンサーリンク


 普段使用しているiPhoneのバッテリーの節約・消費電力を抑える方法の第1弾です。

 一番電力を消費するのは、なんと言っても「液晶画面」です。
 でも、スマートフォンとして使用する以上は、画面を見ない訳にはいかないですよね。

 こまめに画面をOFFにするのも良いですが、無理のない範囲で消費電力を抑えて使用したいものです。

 そのため、画面の「明るさ」を調整して、必要以上に明るくしないようにします。
 明るすぎると、目にも良くなく、必要異常な明るさは視力低下を招きますので、実は、画面をちょっと暗くすると言うのは、電力を抑えるだけでなく、目にも優しい事になります。

 「設定」→「画面表示と明るさ」に入ります。

 液晶の明るさ調整

 上記の「バー」を左にずらすと、画面が暗くなります。
 調整はお好みですが、だいたい上記のバーの位置くらいで良いのでは存じます。

 また「明るさの自動調整」は、必要なければOFFにすることで、更にバッテリー消費の節約になります。

 なお、この「明るさ調整は」による省エネ効果と、暗くする事での視力低下防止は、何もiPhoneやiPadに限った事ではありません。
 Android機種や、その他の液晶機器はもちろん、液晶パネルを使用しているテレビ、パソコンの液晶モニターなど、すべてに言える事です。

 画面を必要以上に明るくしない事で、節電と言うバッテリへの長持ちと、目の疲労防止と一石二鳥ですので、是非、実践してみて下さい。

 なお、私もそうなのですが、アイフォーンやアンドロイド機などは、明るさ調整をしても、しばらく使っていると、なんかの拍子に、明るさ設定レベルが勝手に変更されてしまうことがあります。
 その時は、また調整をしましょう。 

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る