iPhoneを水没させてしまった場合の応急処置【復活方法】

スポンサーリンク


ここでは、iPhone(アイフォーン)など、防水では無いスマホを水の中に落としてしまった場合の水没復活方法を記載致します。

いくら注意をしていても、地球に重力と水がある以上、スマートフォンを誤って水没させてしまう事があると思います。
洗濯機、トイレ?、プール、水たまり?、池?、どんなシーンになってしまうかは分かりませんが、万が一、水没させてしまった場合には下記のような対応を取ると、無事に使える可能性があります。

水没時の応急処置

(1)回収したスマホの電源を切ります
 
電源が切れない場合、Androidでしたら電池を外します。iPhoneの場合には、1度強制再起動してみて、それから電源が切れるかやってみましょう。
電源が入ったままだと、しばらく使えていても、のちに基盤が腐食してしまう恐れがあります。

(2)スマホ本体は振らないように

水を抜こうなんてスマホを振ると、中の水が深部に入ってしまうことがあり被害が拡大する恐れがあります。スマホは振らないようにしましょう。
構造上、振っても水はほとんど出ません。

(3)SIMカードを抜く

電源が切れたら、SIMカードを抜きましょう。少しでも空気の通り道を作る為です。ただし、外出先などのSIMを抜くと紛失してしまうことがありますので、充分にご注意願います。



スポンサーリンク


(4)ティッシュで拭く

Android機の場合は、電池を外して見て、見える部分の水滴はティッシュなどで拭き取りましょう。
イヤホンジャックなどのコネクタ部分は、ティッシュの先を「こより状」にして拭くと良いです。
ドライヤーでは乾かさないでください。急激に温度をあげてしまうとチップなどが故障してしまいます。
電子レンジに入れるもNGです。

乾燥材を使う

水没させてしまったスマートフォンに入ってしまった水分を取り除くため、速やかに「乾燥剤」を使ってみましょう。

乾燥材はなんでも良いですが、少ないよりは多めだったり、ちょっと大きめの方が有効かも知れません。

乾燥材と水没したスマホが入る大きさの「タッパー」を用意して、乾燥剤と水没スマホを入れます。
ジップロックなどの密封型ビニール袋でも良いです。

そうしたら、2~3日程度、水分が乾燥剤に吸収されるのを待ってみましょう。
温度が高めの場所に置くと早いようです。(直射日光はNGです。)
本体内部の水分が抜ければ、復旧できる可能性が有ります。
復活できた人の乾燥平均日数は2.6日と言うデータもありますので、3日間は待った方が良さそうです。

使用した乾燥材やタッパーは他に使えると思いますので、どうぞ再使用してください。

水没修理業者を利用する

上記の方法の欠点は、水分を取り除くのに、数日も時間を要してしまい、また確実に水分が取り除けるかは、結果次第と言う事になります。
そのため、最初から修理業者を利用する方法もあります。
水没は、Appleやスマホメーカーの補償はききません。
ただし、キャリアの補償サービスに入っている場合には、その保証の範囲で代替機に交換はしてくれます。

そんな補償に入っていない、または補償を使いたくないと言う場合には、メーカーでは無く「民間」の修理業者を利用する方法もあります。
ただし、修理用の部品が流通しているiPhoneや、iPadに限った話となります。解体して水分を薬品で洗浄したりしてくれます。
iPhone 修理 地元の地名 で検索すると見つかると思います。

以上、もし、水没してしまった方が、この記事をご覧頂けていた場合には、謹んで心中お察し申し上げます。
故障なく無事に回復となりますこと、お祈り申し上げます。
お忙しい中、ご閲覧賜りまして、ありがとうございました。

※記載の方法は参考までです。何か発生しても当方では一切責任は負い兼ねます。自己責任にてお願い申し上げます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

ページ上部へ戻る